太陽光 東証インフラファンド市場動向

2016.06.23New!

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone

タカラレーベン・インフラ投資法人のポートフォリオの構成は、太陽光発電設備などへの投資割合を90%以上。

資産運用は、投資運用業をおこなっているタカラアセットマネジメントが行っている。

東証インフラファンド市場の上場第1号案件ということで、注目度は非常に高い。

同市場には、資産運用会社のスパークス・グループ(8739.T)、

不動産運用会社のいちごグループホールディングス(2337.T)、

太陽光発電デベロッパーのリニューアブル・ジャパンも投資法人の上場を計画しているという。

上場予定の各企業も動向を注目している。

記事

 

ニュース一覧に戻る